日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
三枝孝臣
著者のコラム一覧
三枝孝臣

1966年東京都生まれ。89年に日本テレビに入社、「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」など情報番組から、「THE夜もヒッパレ」「DAISUKI!」などバラエティーまで、手掛けた番組は100を超える。2015年に日本テレビを退社。現在、メディアデザイン会社「アブリオ」、LINEの前社長・森川亮氏と共に新事業「C Channel」を立ち上げ、メディアを超えたコンテンツプロデューサーとして活躍。近著に「一流のMC力」(東洋経済新報社)がある。

桝太一アナ「ZIP!」抜擢の決め手は母性に響くギャップ力

「好きなアナウンサーランキング」で5年連続1位に選ばれ「殿堂入り」を果たした、桝太一アナウンサー(35)。

 桝アナが毎朝MCを担当している「ZIP!」。僕はこの番組のスタート時に総合プロデューサーを担当しました。スタートしたのは2011年。新番組は「ズームイン!!朝!」から数えて33年間続いた朝のニュース番組の後継です。男性は局内から選ぶことが通例でした。番組のキャスティングをしていく中で思い浮かべたのが、桝アナの持つさまざまな「ギャップ力」。

 彼は東京の私立ご三家である麻布中高を経て、東大大学院(それも理系)を修了した頭脳明晰な男性です。一方、中高生時代はモテなかったのでは? と思わせるようなオタクっぽさと、女性たち、特に母親世代がついつい応援したくなってしまうような「母性本能」に訴えかける声とルックスを兼ね備えていました。また、朝の情報番組ということで、安心できる既婚者であることも大きかった。その「ギャップ力」を買って、彼に総合司会をお願いしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事