街頭取材で磨かれた 羽鳥アナの“本音を引き出す”スキル

公開日:

 ご存じの方も多いでしょうが、羽鳥慎一さん(45)は日本テレビのアナウンサーでした。1998年に「ズームイン!!サタデー」の司会に、2003年2月に「ズームイン!!SUPER」のMCになりました。当時32歳。日テレの朝の看板番組である「ズームイン!!」のMCに若くしての大抜擢でした。このポジションの先輩は、徳光和夫さん、福留功男さん、福沢朗さんという、日テレの大看板と言えるアナウンサーが務めてきたもの。そうしたプレッシャーのかかる中で、生真面目にすべてをきちんとこなしていくタイプでした。

 朝の番組は平日5日間、毎日放送されます。それは、精神的にも肉体的にも、とても厳しいもの。それを乗り越えていける精神力を求められるポジションが「ズームイン!!」の司会者です。イケメンでありながら、ガッツを内に秘めていたのです。

 僕が一緒に仕事させていただいたのは、「24時間テレビ」。彼の総合司会の進め方は、大舞台を任されても決して驕らずに、できることを「誠心誠意」務め上げようという意識にあふれていました。11年の3月いっぱいでフリーに転身した後も、徳光さんをはじめとする先輩への心遣いが、ものすごくしっかりしていることを垣間見る機会がありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る