街頭取材で磨かれた 羽鳥アナの“本音を引き出す”スキル

公開日: 更新日:

 ご存じの方も多いでしょうが、羽鳥慎一さん(45)は日本テレビのアナウンサーでした。1998年に「ズームイン!!サタデー」の司会に、2003年2月に「ズームイン!!SUPER」のMCになりました。当時32歳。日テレの朝の看板番組である「ズームイン!!」のMCに若くしての大抜擢でした。このポジションの先輩は、徳光和夫さん、福留功男さん、福沢朗さんという、日テレの大看板と言えるアナウンサーが務めてきたもの。そうしたプレッシャーのかかる中で、生真面目にすべてをきちんとこなしていくタイプでした。

 朝の番組は平日5日間、毎日放送されます。それは、精神的にも肉体的にも、とても厳しいもの。それを乗り越えていける精神力を求められるポジションが「ズームイン!!」の司会者です。イケメンでありながら、ガッツを内に秘めていたのです。

 僕が一緒に仕事させていただいたのは、「24時間テレビ」。彼の総合司会の進め方は、大舞台を任されても決して驕らずに、できることを「誠心誠意」務め上げようという意識にあふれていました。11年の3月いっぱいでフリーに転身した後も、徳光さんをはじめとする先輩への心遣いが、ものすごくしっかりしていることを垣間見る機会がありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る