安定感で出演急増 石野真子が手にした“母親役女優”の称号

公開日:

「スタ誕」合格から丸40年、女優・石野真子(56)がノリに乗っている。“登板”の機会が急増しているのだ。

 たとえば、ドラマ。放送中の西内まりや(23)主演「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系、月曜21時)では主人公の母親役を演じているが、昨年は福士蒼汰(23)主演の「お迎えデス。」(日本テレビ系)、次の4月期クールでも「ボク、運命の人です。」(日テレ系)と「ファイナルファンタジーXⅣ 光のお父さん」(TBS系)の2本の連ドラで、母親役を“掛け持ち”する。

 今月25日公開の映画「グッバイエレジー」(三村順一監督)では、吉田栄作(48)と夫婦役。16日の完成披露試写会では、「憧れの石野真子さんから(劇中で)『子供が欲しい』と言われて、大変うれしかったです」と話を向けられると、デビュー当時のキャッチフレーズを彷彿とさせる“100万ドルの微笑”でニッコリ。「若い時の2人のシーンもあったりして恥ずかしかったですね。今より20歳くらい若い設定なので笑っちゃうでしょう? 皆さん、温かい目で見てください」と語りかけ、会場に集まった観客を和ませていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る