安定感で出演急増 石野真子が手にした“母親役女優”の称号

公開日:

「スタ誕」合格から丸40年、女優・石野真子(56)がノリに乗っている。“登板”の機会が急増しているのだ。

 たとえば、ドラマ。放送中の西内まりや(23)主演「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系、月曜21時)では主人公の母親役を演じているが、昨年は福士蒼汰(23)主演の「お迎えデス。」(日本テレビ系)、次の4月期クールでも「ボク、運命の人です。」(日テレ系)と「ファイナルファンタジーXⅣ 光のお父さん」(TBS系)の2本の連ドラで、母親役を“掛け持ち”する。

 今月25日公開の映画「グッバイエレジー」(三村順一監督)では、吉田栄作(48)と夫婦役。16日の完成披露試写会では、「憧れの石野真子さんから(劇中で)『子供が欲しい』と言われて、大変うれしかったです」と話を向けられると、デビュー当時のキャッチフレーズを彷彿とさせる“100万ドルの微笑”でニッコリ。「若い時の2人のシーンもあったりして恥ずかしかったですね。今より20歳くらい若い設定なので笑っちゃうでしょう? 皆さん、温かい目で見てください」と語りかけ、会場に集まった観客を和ませていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る