おしどりマコさん明かす ガスが止まっても福島に通う意味

公開日:

 先月「NNNドキュメント」(日本テレビ系)で「マコ&ケンの原発取材2000日」が特集された、ジャーナリストでもある夫婦漫才「おしどり」。3・11から6年、困窮に陥りながらも、福島第1原発の現状を見続けてきたマコさんに話を聞いた。

■芸人活動と並行して原発取材

――3・11を機にジャーナリストを始めた動機と、東電の反応は?

「直ちに影響はない」という報道があふれた時、テレビに出てるタレントたちが東京から避難してるのを目の当たりにし、何が起こっているのか自分で調べようと。初めて会見に行った時は東電に甘く見られた気がしますが、でも、東電はすべての記者さんに「どうせ原子力のことわからないでしょう、だから的外れの質問をして」という感じで。今、私はさまざまな誤りを指摘し続けるので、東電は何度も訂正したり謝罪したり。新しい会見担当者が来られるたび、「お手柔らかにお願いします」と挨拶されます(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る