おしどりマコさん明かす ガスが止まっても福島に通う意味

公開日:

 先月「NNNドキュメント」(日本テレビ系)で「マコ&ケンの原発取材2000日」が特集された、ジャーナリストでもある夫婦漫才「おしどり」。3・11から6年、困窮に陥りながらも、福島第1原発の現状を見続けてきたマコさんに話を聞いた。

■芸人活動と並行して原発取材

――3・11を機にジャーナリストを始めた動機と、東電の反応は?

「直ちに影響はない」という報道があふれた時、テレビに出てるタレントたちが東京から避難してるのを目の当たりにし、何が起こっているのか自分で調べようと。初めて会見に行った時は東電に甘く見られた気がしますが、でも、東電はすべての記者さんに「どうせ原子力のことわからないでしょう、だから的外れの質問をして」という感じで。今、私はさまざまな誤りを指摘し続けるので、東電は何度も訂正したり謝罪したり。新しい会見担当者が来られるたび、「お手柔らかにお願いします」と挨拶されます(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る