• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木咲が舞台へ意気込み “ちっぱい番付”東西両横綱が出演

 身長165センチ、Aカップ(78センチ)のスレンダーボディーで人気の鈴木咲(29)が、29日から人気SFコミック「サイレントメビウス」が原作の同名舞台に出演。日刊ゲンダイに意気込みを語った。

「物語は近未来のTOKYOが舞台のサイバーパンクSFで、私の役どころはレビア・マーベリックという凄腕の電脳ハッカー。普段の私とは真逆の賢い人をどう演じたらいいのか四苦八苦してます(笑い)。舞台では金髪のカツラをかぶっていますが、だんだんと自分でも見慣れてきました。原作者の麻宮騎亜先生も太鼓判を押すデキなので、原作ファンの方の期待を裏切らない内容に仕上がっています」

 意外(!?)な注目点もある。鈴木はかつて週刊プレイボーイ誌上の「ちっぱい番付」で東の横綱に輝いたことがある微乳(貧乳、まな板とも)の持ち主だが、同舞台には西の横綱に選出された船岡咲(24)も出演しているのだ。

「ホントに偶然だったのでビックリしました(笑い)。会うのも今回が初めて。同じ咲という名前なので見比べてもらえるとうれしいです」

 4月2日まで新宿・シアターサンモールにて。当日券あり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る