日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木咲が舞台へ意気込み “ちっぱい番付”東西両横綱が出演

 身長165センチ、Aカップ(78センチ)のスレンダーボディーで人気の鈴木咲(29)が、29日から人気SFコミック「サイレントメビウス」が原作の同名舞台に出演。日刊ゲンダイに意気込みを語った。

「物語は近未来のTOKYOが舞台のサイバーパンクSFで、私の役どころはレビア・マーベリックという凄腕の電脳ハッカー。普段の私とは真逆の賢い人をどう演じたらいいのか四苦八苦してます(笑い)。舞台では金髪のカツラをかぶっていますが、だんだんと自分でも見慣れてきました。原作者の麻宮騎亜先生も太鼓判を押すデキなので、原作ファンの方の期待を裏切らない内容に仕上がっています」

 意外(!?)な注目点もある。鈴木はかつて週刊プレイボーイ誌上の「ちっぱい番付」で東の横綱に輝いたことがある微乳(貧乳、まな板とも)の持ち主だが、同舞台には西の横綱に選出された船岡咲(24)も出演しているのだ。

「ホントに偶然だったのでビックリしました(笑い)。会うのも今回が初めて。同じ咲という名前なので見比べてもらえるとうれしいです」

 4月2日まで新宿・シアターサンモールにて。当日券あり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事