今年も超多忙のはずが 新垣結衣が“フル回転”できないワケ

公開日: 更新日:

 昨年、主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒットした女優の新垣結衣(28)。今年はすでに23日と24日に放送されたNHKで2夜連続放送のドラマ「絆~走れ奇跡の子馬~」のほか、7月のフジテレビ系月9枠のドラマで人気シリーズの最新作「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~ 3rd season」、今秋公開の瑛太とダブル主演映画「ミックス。」が決まっている。

 そんな大忙しの中、影を落としたのが、同じ所属事務所の女優・清水富美加の出家騒動だった。

能年玲奈から改名したのんに続く契約トラブルで、すっかり事務所のブラック企業体質が露呈してしまった。そのため、テレビ局や映画会社は、以前に比べ新垣の事務所の所属タレントへのオファーを躊躇するようになった。イベントに呼んだ場合は、どうしても清水のことを聞かれてしまうので、主催者がいい顔をしない」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る