今年も超多忙のはずが 新垣結衣が“フル回転”できないワケ

公開日:

 昨年、主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒットした女優の新垣結衣(28)。今年はすでに23日と24日に放送されたNHKで2夜連続放送のドラマ「絆~走れ奇跡の子馬~」のほか、7月のフジテレビ系月9枠のドラマで人気シリーズの最新作「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~ 3rd season」、今秋公開の瑛太とダブル主演映画「ミックス。」が決まっている。

 そんな大忙しの中、影を落としたのが、同じ所属事務所の女優・清水富美加の出家騒動だった。

「能年玲奈から改名したのんに続く契約トラブルで、すっかり事務所のブラック企業体質が露呈してしまった。そのため、テレビ局や映画会社は、以前に比べ新垣の事務所の所属タレントへのオファーを躊躇するようになった。イベントに呼んだ場合は、どうしても清水のことを聞かれてしまうので、主催者がいい顔をしない」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る