日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年も超多忙のはずが 新垣結衣が“フル回転”できないワケ

 昨年、主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒットした女優の新垣結衣(28)。今年はすでに23日と24日に放送されたNHKで2夜連続放送のドラマ「絆~走れ奇跡の子馬~」のほか、7月のフジテレビ系月9枠のドラマで人気シリーズの最新作「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~ 3rd season」、今秋公開の瑛太とダブル主演映画「ミックス。」が決まっている。

 そんな大忙しの中、影を落としたのが、同じ所属事務所の女優・清水富美加の出家騒動だった。

「能年玲奈から改名したのんに続く契約トラブルで、すっかり事務所のブラック企業体質が露呈してしまった。そのため、テレビ局や映画会社は、以前に比べ新垣の事務所の所属タレントへのオファーを躊躇するようになった。イベントに呼んだ場合は、どうしても清水のことを聞かれてしまうので、主催者がいい顔をしない」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事