井上由美子氏は連敗中…「緊急取調室」で汚名返上なるか

公開日: 更新日:

「全話平均視聴率が30%を超えた『GOOD LUCK!!』や平均23.9%を記録した『白い巨塔』、『14才の母』『きらきらひかる』など、多くの高視聴率ドラマを手がけた井上氏にとって、最近の低視聴率は屈辱以外の何ものでもなかったのでしょう。3月までNHKで放送された連続ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』では多くの母娘問題に悩む人々を取材し、専門家に臨床心理考証を依頼して脚本執筆に当たり、数字こそ高くないが“さすが井上由美子”と言われるドラマを完成させている。この『緊急取調室』では数字を取りたいはず」(放送ライター)

■テーマは“普通の人の怖さ”

 1961年生まれの井上氏は、大学卒業後にテレビ東京に入社したが、希望のドラマ制作に配属されず、3年で退社。シナリオ学校で学んだ後、プロットライターとしての下積み時代を経て、91年脚本家デビュー。96年のNHK朝ドラ「ひまわり」以降は売れっ子脚本家の道を突き進んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る