井上由美子氏は連敗中…「緊急取調室」で汚名返上なるか

公開日: 更新日:

 4月20日スタートの「緊急取調室(シーズン2)」(テレビ朝日系)には、2人の女の汚名返上がかかっている。

 まずは主演の天海祐希(49)。“高視聴率女優”と呼ばれた天海だが、昨年主演したドラマ「Chef~三ツ星の給食~」で平均視聴率7・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と惨敗。連続の爆死は何としても避けたいところだ。

 この「緊取」の脚本を第1シリーズから書いている井上由美子氏にとってもそれは同じ。14年に脚本したドラマ「昼顔」が大ブームとなったが、15年「まっしろ」が5.8%、「遺産争族」が10.7%と低調に終わり、16年に松嶋菜々子(43)を主演に据えた「営業部長 吉良奈津子」も7%台。民放ドラマ3連敗は、かつて30%台を連発していた人気脚本家にとっては黒歴史でしかない。健在を見せつけるには「緊急取調室」は大きなチャンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る