• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

前代未聞の番宣行脚も…木村拓哉と岡田准一の決定的な差

 GWに公開された木村拓哉主演の「無限の住人」が早くもコケそうな気配が漂っている。現段階での興行ランクは「クレヨンしんちゃん」にも負けて6位と予想外の数字。あらゆるメディアに木村自身が登場した前代未聞の宣伝活動。紹介したメディアも木村を褒めまくって盛り上げた。ヒットさせたい思いが伝わってきたが、その背景には「オンリーワンではなくナンバーワンを目指す」意図が垣間見られた。

 かつて、長嶋茂雄氏が巨人の監督に就任した際、外国人選手やトレードで他球団の主力選手を集めた状況と似ている。「長嶋監督を優勝させなければならない」という球団の思いは、木村の事務所と通じるものを感じる。公開後の映画は口コミが動員力を左右する。時代劇で新たな一面もあったが、やはり「キムタクのための映画」の印象は拭えない。観賞後のお客の反応も「血しぶきと死体の山が凄かった」という声が多く、「面白かった」と推奨する声は少ない。これでは今後の観客動員も不安のほうが大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る