トレエン斎藤の本性に拒否反応 元カノ“ポイ捨て”の代償

公開日: 更新日:

 お笑い芸人、トレンディエンジェルの斎藤司(38)が新恋人と同棲中であることが先週の「週刊文春」で明かされた。売れない頃から5年にわたり斎藤を支えてきた“糟糠の彼女”を浮気の末にポイ捨てした代償は大きく、ネタをモジって「サイテーさん」などと呼ばれ、「トレエン斎藤」とネット検索すると次候補に「嫌い」と表示されるほど。

 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「化けの皮がはがれたと言えるのではないでしょうか。ジャニーズに応募するくらい、実は究極のナルシシストで自信家。今まで“ハゲが一生懸命頑張っている”のが可愛かったのに、チヤホヤされるようになって“本性”が出たのでしょう。ゲスの川谷氏と同じく今の彼女よりいい人が現れたら乗り換えるタイプだと思います」

 斎藤の所業とは対照的なのがCOWCOWの善し(42)。一部で離婚が報じられたが、実は昨年7月には離婚合意していたものの、妻の経営する店の状況をおもんぱかって離婚を先延ばしにしていたことが明らかに。新恋人に関しては離婚合意後に出会い、結婚を視野に同棲していることも明かし、誠意ある行動がネット民にも評価されている。それに比べ、斎藤は自分の服には何十万円もつぎ込み、食えない頃を支えた元カノには一切プレゼントをしないなど非情なエピソードばかり。

「善しさんは離婚でむしろ好感度がアップしていますが、斎藤さんのファン離れは進む一方でしょう」という川内氏の意見にハゲしく同意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る