トレエン斎藤の本性に拒否反応 元カノ“ポイ捨て”の代償

公開日:  更新日:

 お笑い芸人、トレンディエンジェルの斎藤司(38)が新恋人と同棲中であることが先週の「週刊文春」で明かされた。売れない頃から5年にわたり斎藤を支えてきた“糟糠の彼女”を浮気の末にポイ捨てした代償は大きく、ネタをモジって「サイテーさん」などと呼ばれ、「トレエン斎藤」とネット検索すると次候補に「嫌い」と表示されるほど。

 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「化けの皮がはがれたと言えるのではないでしょうか。ジャニーズに応募するくらい、実は究極のナルシシストで自信家。今まで“ハゲが一生懸命頑張っている”のが可愛かったのに、チヤホヤされるようになって“本性”が出たのでしょう。ゲスの川谷氏と同じく今の彼女よりいい人が現れたら乗り換えるタイプだと思います」

 斎藤の所業とは対照的なのがCOWCOWの善し(42)。一部で離婚が報じられたが、実は昨年7月には離婚合意していたものの、妻の経営する店の状況をおもんぱかって離婚を先延ばしにしていたことが明らかに。新恋人に関しては離婚合意後に出会い、結婚を視野に同棲していることも明かし、誠意ある行動がネット民にも評価されている。それに比べ、斎藤は自分の服には何十万円もつぎ込み、食えない頃を支えた元カノには一切プレゼントをしないなど非情なエピソードばかり。

「善しさんは離婚でむしろ好感度がアップしていますが、斎藤さんのファン離れは進む一方でしょう」という川内氏の意見にハゲしく同意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る