“犯罪者”扱いから女子アナと結婚…陣内智則の「生命力」

公開日: 更新日:

 確かに、男を選びたい放題でモテまくる女子アナも“一寸先は闇”だ。最近もテレ朝の大木優紀アナの夫の会社が、数億円の負債を抱え倒産したことが報じられたばかり。女子アナではないが、キャスターの菊川怜の場合も、結婚相手が資産200億円超の経営者とされたが、過去の女性問題が噴出している。陣内の場合も浮気の心配がありそうだが、あの離婚騒動から這い上がった“バイタリティー”は相当なものだ。

「紀香と離婚した当初は、『浮気した』『DVがあった』などと、ワイドショーや週刊誌で散々叩かれた。陣内本人も言っていますが、まるで“犯罪者”のような扱いだったんです。そのため、一時は芸能界から“干された”状態になった。ただ、先輩芸人からはかわいがられていたため、少しずつ単発の仕事が入るようになった。最終的には、離婚の原因となった浮気も『山ほどしたわ』と笑いに変えられるまでになったんです」(スポーツ紙芸能デスク)

 松村アナは芸人仲間も絶賛するほどいい子だという。今度こそ陣内を信じたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る