腕前プロ並み ソロ30周年の桑田佳祐はボーリングが健康法

公開日:  更新日:

 真夏にサザンオールスターズの曲を聴いてきた世代には、うれしいニュースだ。ことしソロ30周年のボーカル桑田佳祐(61)が来月、6年半ぶりのニューアルバム「がらくた」をリリース。その取っ掛かりとばかり、今週10日と11日に2日連続のライブを行い、変わらぬ桑田節を聴かせた。

 サザンの夏のライブでは、結成20周年の1998年8月、静岡は浜名湖畔で10万人が熱狂した「スーパーライブ in 渚園 モロ出し祭り」など大規模なものが知られるが、今回は東京・六本木のライブレストラン「ビルボードライブ東京」。収容キャパ300人という、サザンではもちろん、ソロでも最小となる会場。そこで桑田は目の前にいる観客に話しかけ、握手やハイタッチを繰り返し、最前列の女性客にバラの花束をプレゼントするサプライズも。88年リリースのソロアルバム「keisuke kuwata」、KUWATA BANDの楽曲のほか、ニューアルバム収録曲と新旧織り交ぜ全23曲、2時間半ものステージで観客を魅了したのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る