桑田佳祐が即興指導 高樹澪が振り返る“歌手デビュー”秘話

公開日: 更新日:

「ダンスはうまく踊れない」で80万枚超の大ヒットを放った女優の高樹澪さん(57)。デビューしたのは1981年公開の映画「モーニング・ムーンは粗雑に」だが、この作品が歌手への扉も開けてくれた。

  ◇  ◇  ◇

「こんなふうに歌ってくれないかな」

 1980年12月9日、代官山のリハーサルスタジオ。愛用のギターを爪弾きながら、こうおっしゃったのは桑田佳祐さん(60)でした。

 この日、私は81年6月公開の映画「モーニング・ムーンは粗雑に」の打ち合わせで、製作のアミューズさんの事務所へ。そして、それほど離れていないそのスタジオに桑田さんが来ていらっしゃると聞いてご挨拶にうかがいました。桑田さんは「モーニング――」の音楽監督で主題歌「Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)」他、挿入歌を担当されていて、私は歌手を目指す主人公の女子大生を演じることになっていたからです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る