日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“そうた人気”も奪われ…俳優・福士蒼汰に吹き荒れる逆風

 視聴率が判明した瞬間、日本テレビ汐留社屋28階にある編成センターはシーンと静まり返ったという。俳優の福士蒼汰(24)が主演するドラマ「愛してたって、秘密はある。」の初回平均視聴率が8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と爆死スタートを切ってしまったのだ。

 ドラマは、主人公の奥森黎(福士)が母親を守るために、DVの父親を殺害してしまう。その秘密を隠したまま立花爽(川口春奈)と結婚しようとするが、秘密を知っているという何者かから不気味なメッセージが届くというラブミステリー。企画・原案は、AKB48でおなじみの秋元康氏。ほかの出演者も、遠藤憲一や鈴木保奈美ら豪華キャスト陣が揃っているのだが……。

「脚本は非常に面白く、放送前から高い評価を得ていた。視聴率10%以上は取れると見込んでいましたが、まさかの数字です。当初、出演予定だった俳優の小出恵介の降板騒動もあり、かなりいい宣伝になったと思ったんですが、甘かった」(制作会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事