• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

垣原賢人が語る UWF入門前に藤原組長“大根テスト”の洗礼

 子供の頃から憧れはUWFに入門すること。ところが、何度、願書を出しても書類選考で落とされて、やむにやまれない気持ちで上京したのが16歳の時。直談判も2回したけど、まったく相手にされず、落とされ続けました。だから、入門するために必死でした。

 そんなある日、意を決して3度目の正直で道場に行ったら、めったにお目にかかれない藤原組長(藤原喜明・68)がいらして、練習後にちゃんこを食べていた。そして「おう! 坊主もこっち来いよ」と気さくに声を掛けてくれたんです。あの時はものすごく緊張しました。でも、UWFに入りたいと伝えるのは今しかない、入門のチャンスだと思って「入門テストを受けさせてほしい」と懇願しました。

 酔っていて気分がよかったんでしょうね、組長が「今からテストしてやる」と。それからちゃんこの鍋にフタをしてグズグズ煮始めた。「後ろを向け。今からおまえの背中に大根をのせる。もし熱さに耐えられたら入れてやる」って。当時、テレビで熱湯に入るバラエティーもあったけど、その時の組長は一切、手加減なし。ほんとに鍋から熱々の大根をつまんで背中にのせたんです。こっちは入門するために大まじめで「熱い」とも言わずに執念で我慢!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る