• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

垣原賢人が語る UWF入門前に藤原組長“大根テスト”の洗礼

 子供の頃から憧れはUWFに入門すること。ところが、何度、願書を出しても書類選考で落とされて、やむにやまれない気持ちで上京したのが16歳の時。直談判も2回したけど、まったく相手にされず、落とされ続けました。だから、入門するために必死でした。

 そんなある日、意を決して3度目の正直で道場に行ったら、めったにお目にかかれない藤原組長(藤原喜明・68)がいらして、練習後にちゃんこを食べていた。そして「おう! 坊主もこっち来いよ」と気さくに声を掛けてくれたんです。あの時はものすごく緊張しました。でも、UWFに入りたいと伝えるのは今しかない、入門のチャンスだと思って「入門テストを受けさせてほしい」と懇願しました。

 酔っていて気分がよかったんでしょうね、組長が「今からテストしてやる」と。それからちゃんこの鍋にフタをしてグズグズ煮始めた。「後ろを向け。今からおまえの背中に大根をのせる。もし熱さに耐えられたら入れてやる」って。当時、テレビで熱湯に入るバラエティーもあったけど、その時の組長は一切、手加減なし。ほんとに鍋から熱々の大根をつまんで背中にのせたんです。こっちは入門するために大まじめで「熱い」とも言わずに執念で我慢!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る