英国ドラマ「女王ヴィクトリア 愛に生きる」の楽しみ方

公開日:  更新日:

 今年5月からNHK総合で日曜夜に放送された英国のドラマ「ダウントン・アビー」の最終シーズンが終了し、7月30日から新たに英国の王室を描いた「女王ヴィクトリア 愛に生きる」がスタートした。お金がかかっているのは一目瞭然だが、実に豪華で重厚な内容には感心するしかない。

 ヴィクトリア女王は1819年生まれの大英帝国の最盛期を築いた女帝として知られる。

 死去したのは即位64年目の年で、これは現在のエリザベス女王の即位65年に次ぐもの。ちなみに、エリザベス女王にとっては高祖母にあたる。

 初回はウィリアム4世が死去し、18歳で女王として即位するまで。6日の2回目は若き女王の唯一の理解者であるメルバーン首相が失脚、女王の精神状態が不安視される中、再び復権するまでが描かれた。

「これを見れば、今の王室のあり方がよくわかるし、EUを離脱するイギリスという国がなんとなく理解できます。ストーリーは史実に基づいていてわかりやすいし、女王を生身の人間として捉えていて、王室の気取ったお話でもありません。家臣や庶民のさまざまな人間模様も描かれ、視聴者の下世話な興味も満足させてくれます」(ドラマウオッチャー)

 13日の3回目はメルバーンへの思いやアルバート公子との運命の出会いが描かれる。これから参戦しても十分に楽しむことができそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る