英国ドラマ「女王ヴィクトリア 愛に生きる」の楽しみ方

公開日: 更新日:

 今年5月からNHK総合で日曜夜に放送された英国のドラマ「ダウントン・アビー」の最終シーズンが終了し、7月30日から新たに英国の王室を描いた「女王ヴィクトリア 愛に生きる」がスタートした。お金がかかっているのは一目瞭然だが、実に豪華で重厚な内容には感心するしかない。

 ヴィクトリア女王は1819年生まれの大英帝国の最盛期を築いた女帝として知られる。

 死去したのは即位64年目の年で、これは現在のエリザベス女王の即位65年に次ぐもの。ちなみに、エリザベス女王にとっては高祖母にあたる。

 初回はウィリアム4世が死去し、18歳で女王として即位するまで。6日の2回目は若き女王の唯一の理解者であるメルバーン首相が失脚、女王の精神状態が不安視される中、再び復権するまでが描かれた。

「これを見れば、今の王室のあり方がよくわかるし、EUを離脱するイギリスという国がなんとなく理解できます。ストーリーは史実に基づいていてわかりやすいし、女王を生身の人間として捉えていて、王室の気取ったお話でもありません。家臣や庶民のさまざまな人間模様も描かれ、視聴者の下世話な興味も満足させてくれます」(ドラマウオッチャー)

 13日の3回目はメルバーンへの思いやアルバート公子との運命の出会いが描かれる。これから参戦しても十分に楽しむことができそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る