日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大河控えるNHKは安堵…渡辺謙「不倫謝罪会見」の舞台裏

 3月末に「週刊文春」で21歳年下の元ホステスとの不倫を報じられた俳優の渡辺謙(57)が今月15日、ようやく釈明会見を開き謝罪した。

 渡辺によると、会見までに要した約3カ月は「次の仕事への準備期間」だったのだとか。

「その期間を経て、2014年に公開され、出演したハリウッド映画『GODZILLA ゴジラ』の続編、および来年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の撮影に入る前の区切りとして会見。これで心機一転、仕事に打ち込める」(芸能プロ関係者)

 渡辺が会見したことにより、本人以上に安堵しているのがNHKなのだという。

「渡辺はハリウッドでの撮影を終えた後、8月末ごろから『西郷どん』の撮影現場に入ることになる。となると、番宣のためのインタビューを仕込んだり、報道陣を現場に呼んでの囲み取材といった予定を組まなければならない。ところが、渡辺が会見をしないことにより、まったく予定が組めない状態。NHKサイドは再三、渡辺サイドに『いつ、会見するのか』とお伺いを立てていたが、ようやく実現。現在、急ピッチで予定を組んでいる」(放送担当記者)

 ドラマでは幕末の名君である島津斉彬を演じる渡辺。妻で女優の南果歩(53)との関係修復という難題を抱えたまま、役に集中できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事