• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東山紀之キャスター就任で見えたジャニーズの“懐事情”

 少年隊の東山紀之(50)が日曜朝の情報番組激戦区に殴り込みをかけると話題になっている。10月からテレビ朝日系が新たに立ち上げるニュース情報番組「サンデーLIVE(仮)」(日曜午前5時50分~)のメーンキャスターに抜擢されたのだ。

 裏番組はTBS系「サンデーモーニング」や日テレ系「シューイチ」という強力なラインアップがそろっていて、新番組が爆死する可能性も否定できない。しかし、それでもジャニーズが東山を新キャスターに推したのは、事務所ののっぴきならない事情があるという。

■「SMAP解散」のツケもジワリ

「これまでのジャニーズのアイドル戦略が、もはや通用しないことは事務所幹部も分かっているんです。各グループのコンサートやグッズの売り上げ、CDの販売額が目に見えて落ちている。最盛期は“1000億円市場”といわれていましたが、今やその規模は3分の1以下になったといわれています」(ジャニーズに詳しいライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る