日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東山紀之キャスター就任で見えたジャニーズの“懐事情”

 少年隊の東山紀之(50)が日曜朝の情報番組激戦区に殴り込みをかけると話題になっている。10月からテレビ朝日系が新たに立ち上げるニュース情報番組「サンデーLIVE(仮)」(日曜午前5時50分~)のメーンキャスターに抜擢されたのだ。

 裏番組はTBS系「サンデーモーニング」や日テレ系「シューイチ」という強力なラインアップがそろっていて、新番組が爆死する可能性も否定できない。しかし、それでもジャニーズが東山を新キャスターに推したのは、事務所ののっぴきならない事情があるという。

■「SMAP解散」のツケもジワリ

「これまでのジャニーズのアイドル戦略が、もはや通用しないことは事務所幹部も分かっているんです。各グループのコンサートやグッズの売り上げ、CDの販売額が目に見えて落ちている。最盛期は“1000億円市場”といわれていましたが、今やその規模は3分の1以下になったといわれています」(ジャニーズに詳しいライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事