契機は1枚のチラシ 重田千穂子が語る熊倉一雄さんへの恩

公開日:

 フジテレビのバラエティー「いただきます」やNHKの「コメディーお江戸でござる」で人気を博した劇団テアトル・エコーの人気女優、重田千穂子さん(60)。今は舞台を中心に活躍しているが、恩人はやはりこの人。俳優の熊倉一雄さん(享年88)だ。

 ◇  ◇  ◇

「熊さん」

 みなさん、熊倉さんを親しみを込めてこう呼んでいました。私にとっては出会いからしてとても不思議でした。

 鹿児島の高校を卒業して女優になるため上京して、日大芸術学部の受験に失敗。仕方なく蒲田にある日本電子工学院(現・日本工学院専門学校)の演劇科に入りました。そこはアルバイトをしながら2年で卒業。どうにか劇団に入ろうと思ったけどうまくいかない。当時は喜劇をやるとか考えていなくて、「第2の杉村春子になる」と意気込んでいましたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る