K-POP顔負け“美脚の競艶” 舞劇「朱鷺」が口コミで話題

公開日:

 上海歌舞団の舞劇「朱鷺」の“群舞”が美しすぎると芸能関係者を中心に口コミで評判が広がっている。

 本作は2015年に初演。再演初日の8月29日、渋谷Bunkamuraオーチャードホールには、オフィシャルサポーターの谷村新司(68)、草刈民代(52)のほか、ファッションデザイナーの桂由美(85)やドン小西(66)らの姿も見られた。

 物語は朱鷺の妖精と青年の1000年の時を超えた愛の物語。「鶴の恩返し」や「鷺娘」などにも通じる、“鳥が女性に変身するストーリー”は日本人なら理解しやすい内容。難解なコンテンポラリーダンスとは違い、K―POPの少女時代を思わせる朱鷺たちの美脚が30人も1列に並ぶ姿は圧巻。群舞で表現する“翼”は万華鏡のように幾重にも形を変え、観客を魅了していた。

 9月2、3日は名古屋、6~10日は東京、13、14日は大阪と順次公演。日中国交正常化記念作品という高尚な看板のせいで難解なイメージを持たれがちだが、純粋に舞劇として楽しめる作品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る