• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アラ50でも芸人根性健在 いとうあさこの“全方位的”安定感

 下着姿や尻出しなど女を捨てた体当たり芸を「世界の果てまでイッテQ!」で見せたかと思えば、「ヒルナンデス!」では社交ダンスの猛特訓をしたり、「メレンゲの気持ち」ではゲストを交えてトークをしたりと、いろんな役回りでたくさんのレギュラー番組に出演するタレントのいとうあさこ(47)。テレビで見ない日がないほどの人気者だが、ブレークしたのは39歳と遅咲きだ。

 ピン芸人になったのは33歳。バイトをしながら芸人を続けたが、ウケなかった。しかし、30代後半になるとアニメ「タッチ」のヒロイン南ちゃんに扮し「浅倉南、39歳。最近イライラする」の自虐ネタのリアリティーがウケ始めた。その後は“アラフォー女芸人”としてどんどんテレビ出演機会が増えていく。

「その彼女もそろそろアラフィフと言われる年齢ですが、誰とでも仲良くやる性格や、どんな仕事でも嫌がらずやる芸人根性でますます起用される機会が増えてきている」(お笑い関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る