アラ50でも芸人根性健在 いとうあさこの“全方位的”安定感

公開日:

 下着姿や尻出しなど女を捨てた体当たり芸を「世界の果てまでイッテQ!」で見せたかと思えば、「ヒルナンデス!」では社交ダンスの猛特訓をしたり、「メレンゲの気持ち」ではゲストを交えてトークをしたりと、いろんな役回りでたくさんのレギュラー番組に出演するタレントのいとうあさこ(47)。テレビで見ない日がないほどの人気者だが、ブレークしたのは39歳と遅咲きだ。

 ピン芸人になったのは33歳。バイトをしながら芸人を続けたが、ウケなかった。しかし、30代後半になるとアニメ「タッチ」のヒロイン南ちゃんに扮し「浅倉南、39歳。最近イライラする」の自虐ネタのリアリティーがウケ始めた。その後は“アラフォー女芸人”としてどんどんテレビ出演機会が増えていく。

「その彼女もそろそろアラフィフと言われる年齢ですが、誰とでも仲良くやる性格や、どんな仕事でも嫌がらずやる芸人根性でますます起用される機会が増えてきている」(お笑い関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る