• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一発屋と思いきや ブルゾンちえみが社会現象になった理由

 典型的な「一発屋」の流れが完全に変わった。「35億!」などのキャリアウーマンネタでブレークしたブルゾンちえみ(27)の芸歴はまだ2年。「ぐるナイ」恒例の「おもしろ荘」で優勝すると、ドラマやCMに起用されるなど、一気にブレークした。

「人気が出始めた今年の初めごろは、ネタが書けない、一発屋で消えちゃうのが怖いと本気で悩んでいました。盗作疑惑が報じられた3月ごろには、ネタ探しのために新宿2丁目界隈をうろついたりもしていました。R―1に出場してテンパってネタを飛ばしてしまったころには、芸人をやめて教師になることも真剣に考えていた。しかし、そんなモヤモヤの全てをマラソン一発で吹き飛ばしました」(芸能ライター)

 その勢いは数字にも表れた。「当日発表」となって注目された日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーに選ばれ90キロを完走。同番組史上2位タイの高視聴率に貢献したばかりか、ゴールの瞬間視聴率は40・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と注目を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事