一発屋と思いきや ブルゾンちえみが社会現象になった理由

公開日:

 典型的な「一発屋」の流れが完全に変わった。「35億!」などのキャリアウーマンネタでブレークしたブルゾンちえみ(27)の芸歴はまだ2年。「ぐるナイ」恒例の「おもしろ荘」で優勝すると、ドラマやCMに起用されるなど、一気にブレークした。

「人気が出始めた今年の初めごろは、ネタが書けない、一発屋で消えちゃうのが怖いと本気で悩んでいました。盗作疑惑が報じられた3月ごろには、ネタ探しのために新宿2丁目界隈をうろついたりもしていました。R―1に出場してテンパってネタを飛ばしてしまったころには、芸人をやめて教師になることも真剣に考えていた。しかし、そんなモヤモヤの全てをマラソン一発で吹き飛ばしました」(芸能ライター)

 その勢いは数字にも表れた。「当日発表」となって注目された日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーに選ばれ90キロを完走。同番組史上2位タイの高視聴率に貢献したばかりか、ゴールの瞬間視聴率は40・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と注目を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る