北野誠さん 「残穢」は捨てて帰ろうと思うほど怖かった

公開日:  更新日:

「すいません。本棚はありません」

 時事ネタから下ネタまでストレートな発言で知られるベテランは、週6日、名古屋のCBCラジオで「北野誠のズバリ」を担当。東京の自宅を離れてホテル暮らしだが、毎日3時間の生放送を続けるには、読書が欠かせないという。

 収録後の会議室にうかがうと、テーブルには読み終えた本がズラリと置かれてあった。

「読み返すことはほとんどないから、読んだら人にあげたり、ブックオフに売ったりして、手元にほとんど置いておかないんです。ホテルとかで読んだ本がたまると、こうしてCBCラジオに持ってきたりもします。『読みたかったら読んで』ってスタッフに言うと、みんなで回し読みしてますよ。だから、すいません。本棚はありません」

「オールド・テロリスト」「罪の声」などの小説のほか、ノンフィクション「裁判所の正体」「言ってはいけない 残酷すぎる真実」「ざんねんないきもの事典」「生きものたちの秘められた性生活」などジャンルはさまざまだ。“本の山”には、下ネタ系もあるが、しっかりした内容の小説や新書、科学書の方が多く見られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る