高校生バブリーダンスきっかけ 荻野目洋子が再ブレーク中

公開日: 更新日:

 まったく何がきっかけになるかわからない。荻野目洋子(48)が再ブレーク中だ。

 再ブレークのきっかけは今年の「第10回日本高校ダンス部選手権 夏の公式全国大会」で準優勝した大阪府立登美丘高校ダンス部の“バブリーダンス”だ。バブル時代を彷彿とさせるボディコンとワンレンの女子高生たちが「ダンシング・ヒーロー」に合わせてキレッキレのダンスを披露。これが動画サイトにアップされ、公開2日間でなんと250万再生を突破(現在は1000万回超)。

 その勢いで、85年11月発売の「ダンシング・ヒーロー」がなんと10月2日付ビルボード・ジャパン・チャート2位に急浮上。驚異のリバイバルヒットとなった。これを受けて急きょ、全曲「ダンシング・ヒーロー」のバージョン&リミックス収録の特別編集盤CDの発売が決定。これに先行し、8日からは配信も開始された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  10. 10

    日比谷高校の東大合格者数“復活”に尽力した3人の立役者

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る