• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヒトラーに屈しなかった国王」監督が語る民主国家の姿

 口をぽかんと開けてスクリーンを見上げる人、じっと何かを考えている人、泣いたり、怒っている人もいたという。全米で先行公開された映画「ヒトラーに屈しなかった国王」の観客の反応。泣いている人も怒っている人も、エリック・ポッペ監督(57)が感想を聞くとこう言ったという。

「なぜこの国のリーダーがトランプなんだ!」

 第2時世界大戦中のノルウェーで、ナチスドイツに本土を侵攻され、降伏を迫られた国王ホーコン7世が、重大な決断を下すまでの実話を映画化したポッペ監督が来日、日刊ゲンダイのインタビューに答えた。

 ――作品が世界各国でさまざまな反響を巻き起こしている理由はどこにあると。

「もともとはノルウェー国内のみの上映を想定して製作したんです。公約を平然と破り、そのことを質問しても言い逃れたりして責任を取らない政治家が少なくない中、国の礎を築いた国王がいて、その歴史の上に今の私たちがいるということを見直したかった。どの国の観客も、民主主義のリーダーとは祖国と国民に仕えるもので、国の行く末も国民の総意で決まるのだという根本を思い出して、現状を考えるきっかけにしてくれているのだと思います。半ば予想していたのですが、それを上回る反響に驚いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る