「ヒトラーに屈しなかった国王」監督が語る民主国家の姿

公開日: 更新日:

 口をぽかんと開けてスクリーンを見上げる人、じっと何かを考えている人、泣いたり、怒っている人もいたという。全米で先行公開された映画「ヒトラーに屈しなかった国王」の観客の反応。泣いている人も怒っている人も、エリック・ポッペ監督(57)が感想を聞くとこう言ったという。

「なぜこの国のリーダーがトランプなんだ!」

 第2時世界大戦中のノルウェーで、ナチスドイツに本土を侵攻され、降伏を迫られた国王ホーコン7世が、重大な決断を下すまでの実話を映画化したポッペ監督が来日、日刊ゲンダイのインタビューに答えた。

 ――作品が世界各国でさまざまな反響を巻き起こしている理由はどこにあると。

「もともとはノルウェー国内のみの上映を想定して製作したんです。公約を平然と破り、そのことを質問しても言い逃れたりして責任を取らない政治家が少なくない中、国の礎を築いた国王がいて、その歴史の上に今の私たちがいるということを見直したかった。どの国の観客も、民主主義のリーダーとは祖国と国民に仕えるもので、国の行く末も国民の総意で決まるのだという根本を思い出して、現状を考えるきっかけにしてくれているのだと思います。半ば予想していたのですが、それを上回る反響に驚いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る