• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヒトラーに屈しなかった国王」監督が語る民主国家の姿

 口をぽかんと開けてスクリーンを見上げる人、じっと何かを考えている人、泣いたり、怒っている人もいたという。全米で先行公開された映画「ヒトラーに屈しなかった国王」の観客の反応。泣いている人も怒っている人も、エリック・ポッペ監督(57)が感想を聞くとこう言ったという。

「なぜこの国のリーダーがトランプなんだ!」

 第2時世界大戦中のノルウェーで、ナチスドイツに本土を侵攻され、降伏を迫られた国王ホーコン7世が、重大な決断を下すまでの実話を映画化したポッペ監督が来日、日刊ゲンダイのインタビューに答えた。

 ――作品が世界各国でさまざまな反響を巻き起こしている理由はどこにあると。

「もともとはノルウェー国内のみの上映を想定して製作したんです。公約を平然と破り、そのことを質問しても言い逃れたりして責任を取らない政治家が少なくない中、国の礎を築いた国王がいて、その歴史の上に今の私たちがいるということを見直したかった。どの国の観客も、民主主義のリーダーとは祖国と国民に仕えるもので、国の行く末も国民の総意で決まるのだという根本を思い出して、現状を考えるきっかけにしてくれているのだと思います。半ば予想していたのですが、それを上回る反響に驚いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る