• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラオス山岳民族と絆 原田龍二が語る「ウルルン滞在記」

 時代劇やドラマから旅番組のリポーター、情報番組のMCまでこなす俳優の原田龍二さん(47)。芸能活動の大きな転機は……。

 ◇  ◇  ◇

 俳優としてのデビューは1992年で、以来、足かけ8年続いた時代劇「水戸黄門」の5代目佐々木助三郎、「相棒」シリーズの陣川公平などさまざまなドラマに出演させてもらいました。そして自称“温泉俳優”というぐらいですから旅番組も楽しいのですが、仕事に対する考え方が変わったのは、95年から放映された「世界ウルルン滞在記」(TBS系)のリポーターをやってからですね。

 行ったのは車が入れないような秘境ばかり。現地ガイドやコーディネーターはいるものの、言葉が通じないし、日本人どころか、テレビカメラ自体を見るのも初めての人が多いので、まず警戒心を解いてもらわなければなりません。それには僕の方から開けっ広げに素のままを見せて近づかなきゃならない。カッコつけてる場合じゃないんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事