黒い肌が漂白剤で…疑惑も“シロ”にした「ナスD」の奇手

公開日:

 大好評につき火曜の深夜帯放送を、10月から土曜のプライム帯放送に昇格させたテレビ朝日系の冒険バラエティー番組「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」。その昇格を記念したスペシャル版が14日に放送された。

 同番組の中でクローズアップされたのは、やはり、「ナスD」こと同局の友寄隆英ディレクター(43)。ナスDは5月2日の放送で、タトゥーの原料として使われる果実を全身に塗ったところ、染料が簡単には取れず全身が真っ黒に。その色が野菜のナスビに似ていたため「ナスD」と呼ばれるようになっていた。

 ところが、14日の放送では異変が。取材先の現地の女性に少量の水に漂白剤と洗剤が入った液体をしみこませたタオルで拭いてもらうと、洗っても取れなかった色がみるみる取れてしまったのだ。

「元の姿に戻れたナスDは、『正直、ちょっと寂しい……』と言いながら喜んでいたが、芝居がかっていたのがバレバレ」というのはテレビ関係者だ。というのも、少し前に一部女性誌がナスDの肌の色が徐々に落ちてきたため、毎回それなりの金をかけてCGで肌の色を合成しているのを証拠写真とともに報じたからだ。

「番組サイドは猛抗議したようだが、否定する“裏付け”はなし。しかし、14日の放送でうまくリセットして疑惑も晴らして一石二鳥」(テレビ局関係者=前出)

 肌の色が変わっても視聴率をキープできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る