• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

内山理名「マチ工場のオンナ」 女社長を“体育会系”で好演

 3年前に出版された諏訪貴子「町工場の娘」は、経営者だった父が急逝し、普通の主婦から突然社長になった著者の回想記だ。

 この本が原作の「マチ工場のオンナ」では、物語の舞台を東京の大田区から名古屋へと移している。主演はNHK連ドラ初主演となる内山理名(36)だ。

 有元光(内山)は父・泰造(舘ひろし)に可愛がられて育った。しかし成長するにつれ、亡くなった兄の代わりに会社を継がせようとする父に反発して、結婚後は距離を置いてきた。それが、まさかの社長就任である。

 光は倒産を避けようとリストラを断行し、社内は一気に険悪ムードだ。また銀行からは素人経営者として雑に扱われる。さらに夫の海外赴任が決まるが、自分は同行することができず、幼い息子の気持ちも揺れ動く。

 そんな内憂外患だらけの主婦社長を、内山が明るく演じている。悩んだりはするが、最後は自分の意思で決定し、結果も自分で引き受けていく。このドラマでは、内山が持つ“体育会系資質”がうまく生かされている。

 すでに原作にもある、工場内の「整理・整頓」大作戦や、若手社員の意見を聞く「悪口会議」なども実施。少しずつだが、会社も光自身も変わり始めた。ずっと父を支えてきた2人の古参社員(竹中直人、柳沢慎吾)の存在感が光る分、会社の経営も主演の内山も、後半戦からが本当の勝負だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る