体調回復も休めず マツコがダイエットを公言できない理由

公開日:

 体調不良で緊急入院するも、1週間ほどでスピード復帰したマツコ・デラックス(45)。冠番組3本を含む計8本のレギュラー番組を抱える超売れっ子だけに休むこともままならないのだろうが、視聴者含め「本当に大丈夫なのか?」と心配する向きは少なくない。

 なんでもマツコはトイレで用を足した後、立ち上がることがままならない激しい目まいに襲われたという。すぐさま病院で検査を受けるも脳に異常はなし。番組内で「この世が終わった」などと話し、死の淵をのぞいた当時を生々しく振り返っていたが、結局、原因究明には至らないまま。無事で何よりだが、やはりそう簡単な話ではないようで――。

■医師からは食事制限を勧められる

 さる民放キー局関係者の話。

「事務所サイドの本音はこれをいい機会にしばらく休ませたいと思ってるようですが、かなわない。レギュラー番組に加え、年末年始の特番の収録があるためです。すでに複数の特番の収録は終えたようですが、倒れて以降オファーを断ったり、キャンセルした番組もある。そもそもあの体格で体に何ら負担がないといえば嘘になるでしょうし、実際、医者からはダイエットを勧められているそう。だからこそ休業は無理でも、せめて大々的に食事制限したいところだが、スポンサー契約している企業との兼ね合いがあり公言もままならない状況のようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る