• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体調回復も休めず マツコがダイエットを公言できない理由

 体調不良で緊急入院するも、1週間ほどでスピード復帰したマツコ・デラックス(45)。冠番組3本を含む計8本のレギュラー番組を抱える超売れっ子だけに休むこともままならないのだろうが、視聴者含め「本当に大丈夫なのか?」と心配する向きは少なくない。

 なんでもマツコはトイレで用を足した後、立ち上がることがままならない激しい目まいに襲われたという。すぐさま病院で検査を受けるも脳に異常はなし。番組内で「この世が終わった」などと話し、死の淵をのぞいた当時を生々しく振り返っていたが、結局、原因究明には至らないまま。無事で何よりだが、やはりそう簡単な話ではないようで――。

■医師からは食事制限を勧められる

 さる民放キー局関係者の話。

「事務所サイドの本音はこれをいい機会にしばらく休ませたいと思ってるようですが、かなわない。レギュラー番組に加え、年末年始の特番の収録があるためです。すでに複数の特番の収録は終えたようですが、倒れて以降オファーを断ったり、キャンセルした番組もある。そもそもあの体格で体に何ら負担がないといえば嘘になるでしょうし、実際、医者からはダイエットを勧められているそう。だからこそ休業は無理でも、せめて大々的に食事制限したいところだが、スポンサー契約している企業との兼ね合いがあり公言もままならない状況のようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る