西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

大喜利は松本さんにポイントが入る仕組みになっている

公開日: 更新日:

 部下の手柄を自分がやったふうに報告するサラリーマンは少なくない。逆に失敗したときは、責任を取らずに「こいつが悪いから」と知らんぷり。理不尽なやり方に不満はたまるだろうが、それがイヤなら組織を抜けるしかない――。

 基本的には親っていうか、ファミコンでいうたら、任天堂が得するようになっているんですよ、やっぱ。みんなカセットを作っても、結局、ファミコンに差さないとプレーできない。「ドラクエ」を作ったのはスクウェア・エニックス社ですけど、結構、任天堂に取り分を持っていかれていると思うんです。でも、そういうところに突っ込んでいったのはエニックスだから。それが嫌だったら自社でハードを作るしかない。

 基本的に手柄は親に取られるもんだと思った方がいい。そのプラットフォームに飛び込んだから仕方ない。

 たぶん議論しなければいけないのは、会社に入る前だと思います。それが嫌だったら、会社に入らなければいいし、入ったんだったら、「そもそも、それを受け入れてたんじゃないの」って思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る