西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

“3時間使っても飲みたい”と思わせる上司になってください

公開日:

 サラリーマン社会では、付き合いの悪い若手社員が増えている。上司としては苦労が絶えないが……。

 ◇  ◇  ◇

 37歳の僕と20歳のコの1時間って全然価値が違うと思うんですよ。20歳の1時間って僕なんかよりもっともっとすごく重要で、何に時間を使うか、ここで頑張るか頑張らないかってすげえ大事。僕みたいなものがたやすく奪っていいもんじゃないですね。

 いいんじゃないんですか、上司の誘いなんて無視していいと思います。むちゃくちゃ引力の強いというか求心力のある上司であれば、行くじゃないですか。上司が誘って部下が来なかったら、落ち度は上司にある。「おまえに魅力がない」から行かなかっただけです。

 若手が3時間捧げても一緒にいたいと思う相手じゃないってこと。「なんでおまえ来ないんだ」って叱られたら、「じゃあ、もっと頑張って部下が来たくなるような上司でいてください」って言った方がいいと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る