西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

「転職オッケー」「副業オッケー」で肩書きを利用する

公開日:  更新日:

 何かの番組がキッカケで、「芸人を辞める」みたいなことがあったんですね。まあ、肩書に興味ないので、ノリで全然芸人を辞めてもいいと思っているし、確かその日に肩書が「絵本作家」になったんですね。肩書を変えたところで活動が変わるわけではないので、本当にどうでもいいんです。

 絵本作家になった翌日に、たまたま「パインアメ特命配布主任」になるみたいな企画で肩書のようなものをいただいたので、2日間でポンポンポンと肩書を3つくらい異動させたんですね。そのときに「肩書をコロコロ変えるな」という批判が起こりました。

 ここで批判してまうのは、かなり危険な思考だと思います。ものすごいスピードで職業ごとなくなっていくこの時代に、肩書を変えることを悪としてしまうと、それによって首が絞まる人がたくさん出てきてしまうからです。

 例えば、“数年後になくなる仕事”としてよく挙げられる銀行員さんの中には、生き残るために転職を考えている子もいるでしょう。その時に、転職することでバッシングされる風潮ができていたら、この子、すごい苦しいと思うんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る