西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

「転職オッケー」「副業オッケー」で肩書きを利用する

公開日:  更新日:

 何かの番組がキッカケで、「芸人を辞める」みたいなことがあったんですね。まあ、肩書に興味ないので、ノリで全然芸人を辞めてもいいと思っているし、確かその日に肩書が「絵本作家」になったんですね。肩書を変えたところで活動が変わるわけではないので、本当にどうでもいいんです。

 絵本作家になった翌日に、たまたま「パインアメ特命配布主任」になるみたいな企画で肩書のようなものをいただいたので、2日間でポンポンポンと肩書を3つくらい異動させたんですね。そのときに「肩書をコロコロ変えるな」という批判が起こりました。

 ここで批判してまうのは、かなり危険な思考だと思います。ものすごいスピードで職業ごとなくなっていくこの時代に、肩書を変えることを悪としてしまうと、それによって首が絞まる人がたくさん出てきてしまうからです。

 例えば、“数年後になくなる仕事”としてよく挙げられる銀行員さんの中には、生き残るために転職を考えている子もいるでしょう。その時に、転職することでバッシングされる風潮ができていたら、この子、すごい苦しいと思うんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る