「キャスティングが決まらないと書かない」伝説の真相は

公開日:

 倉本氏はドラマの撮影が始まる前、役者たちが集まって行われるホン読み(台本の読み合わせ)にも立ち会うという、多くの脚本家とは一線を画すスタイルを貫いてきた。キャスティングについても口うるさいといわれるが、真相はいかに。

碓井 「倉本伝説」として流布していることのひとつですが、キャスティングが決まらないと書かないんだと。実際に先生がキャスティングに関与しているってことですか。

倉本 プロデューサーには相談しますが、僕自身が決めるわけではありません。2005年放送の「優しい時間」(寺尾聰主演、フジテレビ系)のあたりからは若い役者について全く知らないですからね。主要キャストを担ったニノ(二宮和也)も、長澤まさみも知らなくて、「タレント名鑑」を見せてもらいました。昨秋行われた東京ドラマアウォード(「やすらぎの郷」で脚本賞)の授賞式でも、新垣結衣を知らないから、「あの人誰」って聞いたぐらいですから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る