濱松恵も#ME TOO! 芸能界にはびこるセクハラの闇<上>

公開日:

 勇気を振り絞ったハリウッド女優たちのカミングアウトに端を発した、映画界のセクハラ問題。「Me Too!」と声を上げる被害者は後を絶たないが、日本の芸能界では今もなお公然とセクハラ行為がまかり通っているという。芸能生活32年、2歳から芸能界で活躍する濱松恵が芸能界の暗部を告発する。

「ビジュアルクイーンになって、グラビアのお仕事が増えた21歳ぐらいから、月1ペースでそんな怪しい“接待”というか“お誘い”が来るようになりましたね。映画の主演が決まって、監督と食事しながら打ち合わせって言われ、待ち合わせの場所に行くと話も早々に“ホテルに行こう”って言われる。『いやいや、行かないです』とお断りして帰ってくると、翌日事務所に電話がかかってきて映画の話は流れるっていうのは何回もありました。台本もできているのにですよ、おかしな話だと思いませんか? だってこっちもスケジュールあけておいたのに、てるみくらぶの旅行詐欺と変わらないと思うんですけどね。私、自分が好きな男には肉食ですけど、何でもOKではないんです。真田広之さんみたいなダンディーな監督なら考えますけど、そんな人いませんから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る