濱松恵も#ME TOO! 芸能界にはびこるセクハラの闇<上>

公開日:

 勇気を振り絞ったハリウッド女優たちのカミングアウトに端を発した、映画界のセクハラ問題。「Me Too!」と声を上げる被害者は後を絶たないが、日本の芸能界では今もなお公然とセクハラ行為がまかり通っているという。芸能生活32年、2歳から芸能界で活躍する濱松恵が芸能界の暗部を告発する。

「ビジュアルクイーンになって、グラビアのお仕事が増えた21歳ぐらいから、月1ペースでそんな怪しい“接待”というか“お誘い”が来るようになりましたね。映画の主演が決まって、監督と食事しながら打ち合わせって言われ、待ち合わせの場所に行くと話も早々に“ホテルに行こう”って言われる。『いやいや、行かないです』とお断りして帰ってくると、翌日事務所に電話がかかってきて映画の話は流れるっていうのは何回もありました。台本もできているのにですよ、おかしな話だと思いませんか? だってこっちもスケジュールあけておいたのに、てるみくらぶの旅行詐欺と変わらないと思うんですけどね。私、自分が好きな男には肉食ですけど、何でもOKではないんです。真田広之さんみたいなダンディーな監督なら考えますけど、そんな人いませんから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る