• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

濱松恵も#ME TOO! 芸能界にはびこるセクハラの闇<上>

 勇気を振り絞ったハリウッド女優たちのカミングアウトに端を発した、映画界のセクハラ問題。「Me Too!」と声を上げる被害者は後を絶たないが、日本の芸能界では今もなお公然とセクハラ行為がまかり通っているという。芸能生活32年、2歳から芸能界で活躍する濱松恵が芸能界の暗部を告発する。

「ビジュアルクイーンになって、グラビアのお仕事が増えた21歳ぐらいから、月1ペースでそんな怪しい“接待”というか“お誘い”が来るようになりましたね。映画の主演が決まって、監督と食事しながら打ち合わせって言われ、待ち合わせの場所に行くと話も早々に“ホテルに行こう”って言われる。『いやいや、行かないです』とお断りして帰ってくると、翌日事務所に電話がかかってきて映画の話は流れるっていうのは何回もありました。台本もできているのにですよ、おかしな話だと思いませんか? だってこっちもスケジュールあけておいたのに、てるみくらぶの旅行詐欺と変わらないと思うんですけどね。私、自分が好きな男には肉食ですけど、何でもOKではないんです。真田広之さんみたいなダンディーな監督なら考えますけど、そんな人いませんから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る