「西郷どん」難解方言が話題 お国言葉の歴史と魅力を知る

公開日: 更新日:

 薩摩の西郷隆盛を主人公にしたNHK大河ドラマ「西郷どん」がスタートしたが、難解すぎる“方言”をめぐって賛否両論が渦巻いている。

 標準語で「紹介します」は、薩隅(鹿児島)弁になると「紹介シモス」に。「ありがとうございました」は「アリガトサゲモシタ」、「そうです」は「ジャッド」、「しかし」は「ジャッドン」になる。文脈や役者陣のしぐさや所作を見れば容易に推測できるとはいえ、戸惑った視聴者がいたのも当然だろう。

 もっとも、今も鹿児島のおばあちゃんが話す本物の方言となればこんなものではない。江戸時代には標準語というもの自体がなく(国語調査委員会設置は1902年)、互いに言葉が理解できない場合、当時は「ござ候」など漢文調の文語によって意思疎通を図っていたという。

 むろん、NHKの制作サイドも今作ではディープなネーティブ言語はなるべく避け、「ヤッセンボ」(臆病者、役立たず)といったセリフには字幕で対応している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る