下着姿評判も 吉岡里帆「きみが心に棲みついた」の正念場

公開日:

 女優・吉岡里帆(25)の民放初主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)の視聴率が下降線をたどっている。

 人気コミックの実写化で、自分に自信がなく弱気な下着メーカーのOL(吉岡)が、出版社の編集者(桐谷健太)とドSな上司(向井理)の間で恋心が揺れ動く姿を描いている。初回視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と、2ケタも狙えるかと思われたが、第2話は8.5%、第3話が8.4%にダウンしてしまった。

「第3話では原作ファンにはおなじみの見せ場のシーンがあった。主人公が上司に言われ、自社の商品発表会で下着姿でランウエーを歩くシーン。吉岡は見事に再現しました。予告編でもそのシーンが流れましたが、視聴率アップにはつながりませんでした」(テレビ誌編集者)

 6日に放送された第4話はさらに数字を下げ、7.0%と大苦戦だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る