日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

下着姿評判も 吉岡里帆「きみが心に棲みついた」の正念場

 女優・吉岡里帆(25)の民放初主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)の視聴率が下降線をたどっている。

 人気コミックの実写化で、自分に自信がなく弱気な下着メーカーのOL(吉岡)が、出版社の編集者(桐谷健太)とドSな上司(向井理)の間で恋心が揺れ動く姿を描いている。初回視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と、2ケタも狙えるかと思われたが、第2話は8.5%、第3話が8.4%にダウンしてしまった。

「第3話では原作ファンにはおなじみの見せ場のシーンがあった。主人公が上司に言われ、自社の商品発表会で下着姿でランウエーを歩くシーン。吉岡は見事に再現しました。予告編でもそのシーンが流れましたが、視聴率アップにはつながりませんでした」(テレビ誌編集者)

 6日に放送された第4話はさらに数字を下げ、7.0%と大苦戦だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事