• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元ドロンズ大島直也さん 「電波少年」とその後の波瀾万丈

 1990年代半ばに一世を風靡したバラエティー番組「進め!電波少年」(日本テレビ系)。お笑いコンビ「猿岩石」によるヒッチハイクの旅は社会現象を巻き起こし、続く第2弾“南北アメリカ大陸縦断ヒッチハイク”も大いに話題となった。大島直也さん(46)は、“南北――”に挑戦したお笑いコンビ「ドロンズ」の元メンバー。さて、今どうしているのか?

■離婚、母の死、アルバイト生活……

「3月1日から11日まで築地のブディストホールで行われる舞台『こと~築地寿司物語~続編』に出演することになりましてね。舞台は13年ぶり。今日はこれから稽古なんですよ」

 大島さんと会ったのは、都内文京区のオープンスペース。台本の読み合わせと立ち稽古の予定だという。

「この芝居は、江戸前寿司の名店『築地玉寿司』の初代の奥さまのことさんが、大正・昭和の激動期に夫とともに店を繁盛させた実話をベースにしています。僕は、ことさんの飲んだくれの父親役。長江健次さんとダブルキャストで、交互に演じますが、良き父ではなく、ロクデナシのダメ親父ってところが難しいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る