元ドロンズ大島直也さん 「電波少年」とその後の波瀾万丈

公開日: 更新日:

 1990年代半ばに一世を風靡したバラエティー番組「進め!電波少年」(日本テレビ系)。お笑いコンビ「猿岩石」によるヒッチハイクの旅は社会現象を巻き起こし、続く第2弾“南北アメリカ大陸縦断ヒッチハイク”も大いに話題となった。大島直也さん(46)は、“南北――”に挑戦したお笑いコンビ「ドロンズ」の元メンバー。さて、今どうしているのか?

■離婚、母の死、アルバイト生活……

「3月1日から11日まで築地のブディストホールで行われる舞台『こと~築地寿司物語~続編』に出演することになりましてね。舞台は13年ぶり。今日はこれから稽古なんですよ」

 大島さんと会ったのは、都内文京区のオープンスペース。台本の読み合わせと立ち稽古の予定だという。

「この芝居は、江戸前寿司の名店『築地玉寿司』の初代の奥さまのことさんが、大正・昭和の激動期に夫とともに店を繁盛させた実話をベースにしています。僕は、ことさんの飲んだくれの父親役。長江健次さんとダブルキャストで、交互に演じますが、良き父ではなく、ロクデナシのダメ親父ってところが難しいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    「桜の会」名簿廃棄 “順番待ち”シュレッダーに驚きの実力

  3. 3

    前夜祭は“唐揚げ増量”とは異なりコスパ充実 参加者が証言

  4. 4

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  5. 5

    安倍晋三は「裸の王様」乞食言論人に守られて言い訳ばかり

  6. 6

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  7. 7

    共通テストめぐり続々 ベネッセ「採点業者失格」の決定打

  8. 8

    卓球エース伊藤も逆転負け…東京五輪は銀メダルが精一杯?

  9. 9

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  10. 10

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る