• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安室奈美恵の中国公演 なぜ上海でなく深センだったのか?

 今回の安室奈美恵アジアツアーは台湾、香港、中国本土は深センのみである。上海でなくて、なぜ深センなのか。現地に詳しい中国人ジャーナリストの周来友氏はこう言う。

「深センは急激に進化している中国で今一番ホットな都市です。経済特区になり、わずか30年で人口30万人の漁村から1400万人の大都市に変貌しました。人口は北京、上海、広州に次ぐ4位ですが、エンタメ市場としても注目の場所です」

 同時期、EXILEの弟分であるGENERATIONSもアジアツアーで深センを回っており、エイベックスグループが一目置いているエリアであることがわかる。

「IT企業など起業が盛んで、富裕層も増えています。また香港の通勤圏内でもあり、香港より家賃が安い深センに家を借り、香港へ車通勤する人も増えています。深センは香港と中国本土の両方から集客でき、上海よりも集客力が見込めるかもしれません」(前出の周来友氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る