安室奈美恵の中国公演 なぜ上海でなく深センだったのか?

公開日:

 今回の安室奈美恵アジアツアーは台湾、香港、中国本土は深センのみである。上海でなくて、なぜ深センなのか。現地に詳しい中国人ジャーナリストの周来友氏はこう言う。

「深センは急激に進化している中国で今一番ホットな都市です。経済特区になり、わずか30年で人口30万人の漁村から1400万人の大都市に変貌しました。人口は北京、上海、広州に次ぐ4位ですが、エンタメ市場としても注目の場所です」

 同時期、EXILEの弟分であるGENERATIONSもアジアツアーで深センを回っており、エイベックスグループが一目置いているエリアであることがわかる。

「IT企業など起業が盛んで、富裕層も増えています。また香港の通勤圏内でもあり、香港より家賃が安い深センに家を借り、香港へ車通勤する人も増えています。深センは香港と中国本土の両方から集客でき、上海よりも集客力が見込めるかもしれません」(前出の周来友氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る