小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

コメンテーター古田敦也のわかりやすい解説に膝を打った

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

「最後(決め球)は、(何が来るか)みんな知っているのに、バットとボールがあんなに離れているんですからね」

「メジャーリーグのボールは、(ボール自体が)大きい、滑る、縫い目が大きいのが特徴。(ボールが大きいのに比例して)空気抵抗が大きくなるので、大谷のスプリットなどのメリットがより生きるようになった」

 テレビ朝日系「サンデーLIVE!!」でコメンテーターを務める古田敦也(52)が15日の放送でこう解説。大谷は2勝目を挙げたアスレチックス戦で七回1死までノーヒットに抑えたが、その時のVTRを見ながら話した内容は実にわかりやすかった。ヤクルト時代、野村克也監督の「データ野球」を実践し、日本一をもたらした捕手だけのことはある。

 立命館大時代から乱視がひどく、眼鏡をかけたまま試合に臨んだ。「眼鏡をしている捕手で大丈夫か」と言われたが、2000安打を記録したのはご存じの通り。捕手では南海などの野村に次いで2人目。プロ野球選手会会長としてナベツネと対峙し、プロ初のストライキを主導、球界の改革にも取り組んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る