小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

コメンテーター古田敦也のわかりやすい解説に膝を打った

公開日:

診断結果は…【良】

「最後(決め球)は、(何が来るか)みんな知っているのに、バットとボールがあんなに離れているんですからね」

「メジャーリーグのボールは、(ボール自体が)大きい、滑る、縫い目が大きいのが特徴。(ボールが大きいのに比例して)空気抵抗が大きくなるので、大谷のスプリットなどのメリットがより生きるようになった」

 テレビ朝日系「サンデーLIVE!!」でコメンテーターを務める古田敦也(52)が15日の放送でこう解説。大谷は2勝目を挙げたアスレチックス戦で七回1死までノーヒットに抑えたが、その時のVTRを見ながら話した内容は実にわかりやすかった。ヤクルト時代、野村克也監督の「データ野球」を実践し、日本一をもたらした捕手だけのことはある。

 立命館大時代から乱視がひどく、眼鏡をかけたまま試合に臨んだ。「眼鏡をしている捕手で大丈夫か」と言われたが、2000安打を記録したのはご存じの通り。捕手では南海などの野村に次いで2人目。プロ野球選手会会長としてナベツネと対峙し、プロ初のストライキを主導、球界の改革にも取り組んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る