カッコ悪いのにカッコいい「落語」と「芝居」の二刀流

公開日: 更新日:

 私は以前、喬太郎の白髪についてこんな文章を書いたことがある。

「白と黒、半々ずつの髪は喬太郎の象徴だ。古典と新作、若さと老成、落語の間と芝居の間、それらを共有することによって芸域が広がる」

 それに落語と芝居の二刀流が加わり、昨年は「スプリング、ハズ、カム」という映画に主演した。

「芸人とは全く関係ない普通のおじさんの役でした。映画でくさい芝居をしたら浮いちゃうかなと思って抑えて演技したら、監督さんに言われたんです。『120%の芝居をしてください。スクリーンを通すとちょうどよくなります』と。なるほどな、と納得しました」

 NHKのドラマ「坂の上の雲」にも出演した。

「警察署長の役でちょっとだけの出番でした。明治時代の署長らしい芝居をしようとリハーサルに臨んだら、ディレクターが僕の新作落語のファンだったみたいで、『すみれ荘二○一号』に出てくる市会議員の感じでやって下さいと言われて、その通りに演じたら一発オーケーです。落語の登場人物のキャラクターがドラマでも通じたのが驚きでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  5. 5

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  6. 6

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る