• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カッコ悪いのにカッコいい「落語」と「芝居」の二刀流

 私は以前、喬太郎の白髪についてこんな文章を書いたことがある。

「白と黒、半々ずつの髪は喬太郎の象徴だ。古典と新作、若さと老成、落語の間と芝居の間、それらを共有することによって芸域が広がる」

 それに落語と芝居の二刀流が加わり、昨年は「スプリング、ハズ、カム」という映画に主演した。

「芸人とは全く関係ない普通のおじさんの役でした。映画でくさい芝居をしたら浮いちゃうかなと思って抑えて演技したら、監督さんに言われたんです。『120%の芝居をしてください。スクリーンを通すとちょうどよくなります』と。なるほどな、と納得しました」

 NHKのドラマ「坂の上の雲」にも出演した。

「警察署長の役でちょっとだけの出番でした。明治時代の署長らしい芝居をしようとリハーサルに臨んだら、ディレクターが僕の新作落語のファンだったみたいで、『すみれ荘二○一号』に出てくる市会議員の感じでやって下さいと言われて、その通りに演じたら一発オーケーです。落語の登場人物のキャラクターがドラマでも通じたのが驚きでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る