• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

円丈師匠「新作に必要なのはプロの芸と素人の発想だ」

 1989年、福家書店を退社した喬太郎は、銀座の<わんや>という料理屋で半年間働いた。学生時代に2年間アルバイトした店で、そこでは毎週土曜の夜、落語会を開いており、勤務中に落語が聴けた。

「前座、二つ目、真打ちと毎回3人の落語が聴けて、その間も時給が発生しますから、ありがたい職場です。落語協会の主立った真打ちはほとんど聴きましたね」

 そして、師匠に選んだのは、当時まだ若手真打ちだった柳家さん喬である。

「当然ですが好きだったこと。新作落語をやるにしても、古典の基礎を身に付けなきゃいけない。それには古典がうまい師匠に弟子入りすべきと考えたこと。それと、大変生意気な言い方かもしれませんが、さん喬は間違いなく名人になる人だ。名人になっていく過程を弟子として見ていたいと思ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る