円丈師匠「新作に必要なのはプロの芸と素人の発想だ」

公開日: 更新日:

 1989年、福家書店を退社した喬太郎は、銀座の<わんや>という料理屋で半年間働いた。学生時代に2年間アルバイトした店で、そこでは毎週土曜の夜、落語会を開いており、勤務中に落語が聴けた。

「前座、二つ目、真打ちと毎回3人の落語が聴けて、その間も時給が発生しますから、ありがたい職場です。落語協会の主立った真打ちはほとんど聴きましたね」

 そして、師匠に選んだのは、当時まだ若手真打ちだった柳家さん喬である。

「当然ですが好きだったこと。新作落語をやるにしても、古典の基礎を身に付けなきゃいけない。それには古典がうまい師匠に弟子入りすべきと考えたこと。それと、大変生意気な言い方かもしれませんが、さん喬は間違いなく名人になる人だ。名人になっていく過程を弟子として見ていたいと思ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る