円丈師匠「新作に必要なのはプロの芸と素人の発想だ」

公開日: 更新日:

 1989年、福家書店を退社した喬太郎は、銀座の<わんや>という料理屋で半年間働いた。学生時代に2年間アルバイトした店で、そこでは毎週土曜の夜、落語会を開いており、勤務中に落語が聴けた。

「前座、二つ目、真打ちと毎回3人の落語が聴けて、その間も時給が発生しますから、ありがたい職場です。落語協会の主立った真打ちはほとんど聴きましたね」

 そして、師匠に選んだのは、当時まだ若手真打ちだった柳家さん喬である。

「当然ですが好きだったこと。新作落語をやるにしても、古典の基礎を身に付けなきゃいけない。それには古典がうまい師匠に弟子入りすべきと考えたこと。それと、大変生意気な言い方かもしれませんが、さん喬は間違いなく名人になる人だ。名人になっていく過程を弟子として見ていたいと思ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る