透けて見える社会問題…春の「ワークドラマ」評論家に聞く

公開日:

 春のドラマは働く人を描く「ワークドラマ」がトレンド。それぞれのストーリーを読み解くと、社会の問題点や生活する人の意識が透けて見える。ドラマ評論家の成馬零一氏と、ドラマウオッチャーのライター尾越まり恵氏に聞いた。

◇Missデビル 人事の悪魔・椿眞子(土曜22時/日本テレビ系)

「日本的な同調圧力のかかった企業体質を壊そうとすると、ヒールになってしまうという反転構造になっている。過去の業績にあぐらをかいて変わろうとしない大企業の体質は、もう通用しない。そんな風刺が効いていて、働き手の意識改革も描いています。会社にぶら下がりの時代は終わり、『あなたには会社を辞める権利がある』という言葉が効いています」(成馬氏)

◇ヘッドハンター(月曜22時/テレビ東京系)

「ミスデビルと同じテーマだけれど、テレ東は『カンブリア宮殿』や『ガイアの夜明け』と同じ22時枠で、ビジネス色が強く気合を感じる。価値観が多様な時代で、『働く人の真の幸せとは何か』を考えさせられます」(尾越氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る