透けて見える社会問題…春の「ワークドラマ」評論家に聞く

公開日:

 春のドラマは働く人を描く「ワークドラマ」がトレンド。それぞれのストーリーを読み解くと、社会の問題点や生活する人の意識が透けて見える。ドラマ評論家の成馬零一氏と、ドラマウオッチャーのライター尾越まり恵氏に聞いた。

◇Missデビル 人事の悪魔・椿眞子(土曜22時/日本テレビ系)

「日本的な同調圧力のかかった企業体質を壊そうとすると、ヒールになってしまうという反転構造になっている。過去の業績にあぐらをかいて変わろうとしない大企業の体質は、もう通用しない。そんな風刺が効いていて、働き手の意識改革も描いています。会社にぶら下がりの時代は終わり、『あなたには会社を辞める権利がある』という言葉が効いています」(成馬氏)

◇ヘッドハンター(月曜22時/テレビ東京系)

「ミスデビルと同じテーマだけれど、テレ東は『カンブリア宮殿』や『ガイアの夜明け』と同じ22時枠で、ビジネス色が強く気合を感じる。価値観が多様な時代で、『働く人の真の幸せとは何か』を考えさせられます」(尾越氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る