• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

おっさん同士が恋…ドラマでアブノーマルが求められる背景

 モテない男が、会社の上司と後輩から告白されて……。今月21日からスタートするテレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」は男同士の恋愛にスポットを当てる。アラサー処女を主人公に仕立てたのは日本テレビ系の「ラブリラン」で、3カ月間記憶を失っているうちに、同棲していた会社の後輩にバージンを捧げていたことを知る――。

 テレビ雑誌などの寸評では、どちらも“ラブストーリー”らしいが、設定がスゴイ。特に、おっさん同士とは! 道徳の教科書にLGBT(性的少数者)の内容が盛り込まれたり、NTTをはじめLGBTへの支援を拡充する企業が相次いだりしていて、日本でもLGBTが少しずつ認知されつつある。

 性的なことが多様化して、少しずつオープンになったことで、視聴者は“寝室”をのぞき見したいようなスケベ心があるのか。性人類学者のキム・ミョンガン氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る