小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

NHK小郷知子アナはテーマによって“反応の落差”が気になる

公開日:

診断結果は…【可】

 宮崎、福岡放送局を経て東京勤務になり、「NHKニュース7」「クローズアップ現代+」などを務めた。現在「おはよう日本」の土日祝のMCを担当する“ニュースの顔”だが、ムラがあるのが少々気になる。

 先月28日の話題は板門店で行われた南北首脳会談。7時台のトップで小郷の「世界が注目した昨日の会談」の前振りで始まったニュースは韓国国内の声、前日2人きりで会談する様子、共同宣言文書の署名式、揃っての会見、晩さん会などを映し出した。そして米韓日を結んでのやりとりはポイントを突いたメリハリのあるものだった。

 小郷はプレスセンターにいるNHK記者に「予想以上に親しい雰囲気をどう見ればいいのか」と聞いた。ソウル滞在中の礒崎敦仁慶大准教授には共同宣言に「経済協力が入っていないのは」とただした。これに対して記者は「(金正恩の)年上である文大統領への敬意を感じた」、礒崎准教授は「北に自信があるのではないか。米朝会談の後にもう1回開かれる南北会談で取り上げられることになるだろう」などと答えた。何をどう聞くか番組の責任者などと打ち合わせているだろうが、会談の機微に触れるスリリングな展開だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る