• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

NHK小郷知子アナはテーマによって“反応の落差”が気になる

診断結果は…【可】

 宮崎、福岡放送局を経て東京勤務になり、「NHKニュース7」「クローズアップ現代+」などを務めた。現在「おはよう日本」の土日祝のMCを担当する“ニュースの顔”だが、ムラがあるのが少々気になる。

 先月28日の話題は板門店で行われた南北首脳会談。7時台のトップで小郷の「世界が注目した昨日の会談」の前振りで始まったニュースは韓国国内の声、前日2人きりで会談する様子、共同宣言文書の署名式、揃っての会見、晩さん会などを映し出した。そして米韓日を結んでのやりとりはポイントを突いたメリハリのあるものだった。

 小郷はプレスセンターにいるNHK記者に「予想以上に親しい雰囲気をどう見ればいいのか」と聞いた。ソウル滞在中の礒崎敦仁慶大准教授には共同宣言に「経済協力が入っていないのは」とただした。これに対して記者は「(金正恩の)年上である文大統領への敬意を感じた」、礒崎准教授は「北に自信があるのではないか。米朝会談の後にもう1回開かれる南北会談で取り上げられることになるだろう」などと答えた。何をどう聞くか番組の責任者などと打ち合わせているだろうが、会談の機微に触れるスリリングな展開だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る