久慈アナはトバッチリも…劣化が止まらない女子アナの教養

公開日: 更新日:

「正しくはこちらがプルート、こちらがアリス、こちらはアナです」――。

 フジテレビの久慈暁子アナ(23)はこう訂正し「大変失礼いたしました」と頭を下げて謝罪。しかしながら、それで批判は収まらず、ネット上に「ディズニー知らなすぎだろわろた」などのツイートが殺到した。

「めざましテレビ」のなかでこのほど放送された「イマドキ」のコーナーでのこと。東京ディズニーランドの35周年記念特集でディズニーキャラのプルートをグーフィーとナレーションが伝え、アリスをシンデレラと、アナをエルサと誤表記し、間違いを3連発してしまったのだ。スポーツ紙芸能デスクが言う。

「久慈アナは2年目のホープ。フジが高島彩さんや加藤綾子さんらに続く看板女子アナにすべく大々的に売り出し中ですが、目下のところ情報番組や報道でしっかり基礎から修業中とされています。そんな新人ですし、今回はスタッフの間違いですが、実は彼女が謝罪している姿を見て、また何かやらかしたんじゃないかと思った関係者はひとりやふたりじゃないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る