• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

久慈アナはトバッチリも…劣化が止まらない女子アナの教養

「正しくはこちらがプルート、こちらがアリス、こちらはアナです」――。

 フジテレビの久慈暁子アナ(23)はこう訂正し「大変失礼いたしました」と頭を下げて謝罪。しかしながら、それで批判は収まらず、ネット上に「ディズニー知らなすぎだろわろた」などのツイートが殺到した。

「めざましテレビ」のなかでこのほど放送された「イマドキ」のコーナーでのこと。東京ディズニーランドの35周年記念特集でディズニーキャラのプルートをグーフィーとナレーションが伝え、アリスをシンデレラと、アナをエルサと誤表記し、間違いを3連発してしまったのだ。スポーツ紙芸能デスクが言う。

「久慈アナは2年目のホープ。フジが高島彩さんや加藤綾子さんらに続く看板女子アナにすべく大々的に売り出し中ですが、目下のところ情報番組や報道でしっかり基礎から修業中とされています。そんな新人ですし、今回はスタッフの間違いですが、実は彼女が謝罪している姿を見て、また何かやらかしたんじゃないかと思った関係者はひとりやふたりじゃないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る