大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

“我慢の人”三船敏郎さんを描いたドキュメンタリーが泣ける

公開日:

 亡き三船敏郎さんの映画が公開されているのをご存じか。ドキュメンタリー映画だが、これがやけに泣けるのである。タイトルは「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」だ。

 2年以上前に製作された作品だから、インタビューを受けている高齢の俳優たちで、すでに故人になられた方が何人もいた。土屋嘉男、加藤武、夏木陽介、中島春雄らである。彼らの言葉を聞いているだけで胸がジーンと熱くなり泣ける。

 土屋さんは、三船さんが「我慢の人だった」と何度も言う。「我慢」を口にする土屋さんの絞り出すかのような声質に胸をかきむしられる。「我慢」をため込んだ三船さんは、アルコールを飲んで夜に荒れ狂うのだ。

 我慢せざるを得ないのは、黒沢明監督の厳しい演出指導にあった。その象徴として、「蜘蛛巣城」(1957年)で三船さん目がけて大量の矢が放たれる名シーンが映し出される。彼の真横に矢が本当に突き刺さるのだから、まさに命懸けだ。黒沢映画のスクリプターだった野上照代さんは、それを三船さんがこなしたのは「(黒沢監督への)恩義」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る