大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

“我慢の人”三船敏郎さんを描いたドキュメンタリーが泣ける

公開日: 更新日:

 亡き三船敏郎さんの映画が公開されているのをご存じか。ドキュメンタリー映画だが、これがやけに泣けるのである。タイトルは「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」だ。

 2年以上前に製作された作品だから、インタビューを受けている高齢の俳優たちで、すでに故人になられた方が何人もいた。土屋嘉男、加藤武、夏木陽介、中島春雄らである。彼らの言葉を聞いているだけで胸がジーンと熱くなり泣ける。

 土屋さんは、三船さんが「我慢の人だった」と何度も言う。「我慢」を口にする土屋さんの絞り出すかのような声質に胸をかきむしられる。「我慢」をため込んだ三船さんは、アルコールを飲んで夜に荒れ狂うのだ。

 我慢せざるを得ないのは、黒沢明監督の厳しい演出指導にあった。その象徴として、「蜘蛛巣城」(1957年)で三船さん目がけて大量の矢が放たれる名シーンが映し出される。彼の真横に矢が本当に突き刺さるのだから、まさに命懸けだ。黒沢映画のスクリプターだった野上照代さんは、それを三船さんがこなしたのは「(黒沢監督への)恩義」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る