大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

“我慢の人”三船敏郎さんを描いたドキュメンタリーが泣ける

公開日: 更新日:

 亡き三船敏郎さんの映画が公開されているのをご存じか。ドキュメンタリー映画だが、これがやけに泣けるのである。タイトルは「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」だ。

 2年以上前に製作された作品だから、インタビューを受けている高齢の俳優たちで、すでに故人になられた方が何人もいた。土屋嘉男、加藤武、夏木陽介、中島春雄らである。彼らの言葉を聞いているだけで胸がジーンと熱くなり泣ける。

 土屋さんは、三船さんが「我慢の人だった」と何度も言う。「我慢」を口にする土屋さんの絞り出すかのような声質に胸をかきむしられる。「我慢」をため込んだ三船さんは、アルコールを飲んで夜に荒れ狂うのだ。

 我慢せざるを得ないのは、黒沢明監督の厳しい演出指導にあった。その象徴として、「蜘蛛巣城」(1957年)で三船さん目がけて大量の矢が放たれる名シーンが映し出される。彼の真横に矢が本当に突き刺さるのだから、まさに命懸けだ。黒沢映画のスクリプターだった野上照代さんは、それを三船さんがこなしたのは「(黒沢監督への)恩義」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る