吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

長嶋茂雄<後編>明石家さんまを紹介するも「君誰だっけ?」

公開日: 更新日:

 ビートたけしさんはこんな話も耳に入れていた。大島のトライアスロン大会でスターターをつとめた長嶋さん。ピストルを鳴らすと、雨で1発目も2発目も不発……関係者や選手らが動揺する中、突然、司会者のマイクを奪い大声で「ドーン! ドーン! ドーン!」と叫んだ。これで無事スタートになり、その翌年もスターターに。長嶋さんは左手の雨傘を高く掲げ、スターターピストルを右耳の横に持っている。係員が制止しようとしたとき、長嶋さんが耳の横で引き金を引いてしまった。ごう音。さすがの長嶋さんも右耳を押さえ「ワー!」と叫んで座り込み、ピストルを投げ捨てたそうである。

 また、「山芋事件」もあった。群馬でゴルフをした後、農家の方が見事に長~い山芋を野球の神様に捧げようと持ってきた。ゴルフ場の支配人が「こちらでもこんなに長い長芋はめったにないんです。どうぞお持ち帰りください」。長嶋さんは「ありがとう。見事だねえ。じゃあお言葉に甘えて!」と“見事な長芋”をポキポキ折り始め、関係者が呆然とする中、車のトランクに入れて去っていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る