吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

長嶋茂雄<後編>明石家さんまを紹介するも「君誰だっけ?」

公開日: 更新日:

 ビートたけしさんはこんな話も耳に入れていた。大島のトライアスロン大会でスターターをつとめた長嶋さん。ピストルを鳴らすと、雨で1発目も2発目も不発……関係者や選手らが動揺する中、突然、司会者のマイクを奪い大声で「ドーン! ドーン! ドーン!」と叫んだ。これで無事スタートになり、その翌年もスターターに。長嶋さんは左手の雨傘を高く掲げ、スターターピストルを右耳の横に持っている。係員が制止しようとしたとき、長嶋さんが耳の横で引き金を引いてしまった。ごう音。さすがの長嶋さんも右耳を押さえ「ワー!」と叫んで座り込み、ピストルを投げ捨てたそうである。

 また、「山芋事件」もあった。群馬でゴルフをした後、農家の方が見事に長~い山芋を野球の神様に捧げようと持ってきた。ゴルフ場の支配人が「こちらでもこんなに長い長芋はめったにないんです。どうぞお持ち帰りください」。長嶋さんは「ありがとう。見事だねえ。じゃあお言葉に甘えて!」と“見事な長芋”をポキポキ折り始め、関係者が呆然とする中、車のトランクに入れて去っていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

もっと見る