元夫・船越英一郎が絶対許せない 松居一代の“タブー発言”

公開日: 更新日:

■芸能マスコミは欣喜雀躍

 船越が自ら刑事告訴に踏み切ったことからも、その怒りの度合いがうかがえる。書類送検後、起訴猶予になったとしても、略式起訴で罰金刑になろうと、何が何でも報復してギャフンと言わさなければ気が済まないのだろう。

 だが、一方の松居はというと、告訴によってまたユーチューブへの動画投稿を再開。北沢署で松居を取材したマスコミの前で落胆したところを見せないどころか、任意聴取の日を明らかにして自らマスコミを集めてのパフォーマンスを再び演じた節もある。名誉毀損は親告罪だけに、船越に頭をさげて告訴を取り下げてもらう手もあるが、そんなつもりはみじんもないようだ。

「紙袋いっぱいの『証拠』を持参したり、ママチャリでさっそうと現れたところといい、騒動の頃と比べてもまったくパワーダウンしていない。船越さんは今回松居さんを刺激して、またぞろネットでギャンギャンやられるようになれば、手痛いしっぺ返しにもなりかねないのではないでしょうか」(前出の芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  8. 8

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る