• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

テレ東「マツコ、昨日死んだってよ。」は“テレビ論”の試み

 最近よく言われる「元気なテレビ東京」を象徴するような1本だった。5月29日の深夜に放送された「マツコ、昨日死んだってよ。」だ。なんと「マツコ・デラックスが急死した」という大胆な設定で進行する異色のバラエティだった。

 いきなりニュースで訃報が伝えられ、街の声やYOU、ミッツ・マングローブなどのコメントが流される。スタジオに置かれた棺には白い衣装のマツコが横たわり、ナビゲーター役の滝藤賢一が「追悼番組」を進行させていく。ちなみにマツコは「棺に入る」以外は聞かされていないという。

 そこから展開されたのは結構鋭い「マツコ論」だ。自らを「電波芸者」と認識し、テレビというメディアが期待する「マツコ」を披露し続けてきたマツコ。その人気の核には、閉塞社会における「違和感の表明」があったことを指摘していく。

 さらに「追悼番組」の終了後、突然滝藤がスタッフやカメラ(視聴者)に向かって、「お前らがマツコを殺した!」と怒り出した。続けて「死に顔を撮れよ!これが見たかったんだろ!」と。この辺りから「マツコ論」というより「テレビ論」の様相を呈していく。

 そう、これはテレビによる「テレビ論」の試みだったのだ。「これからは枠にとらわれず、不都合に蓋をせず、多様化していかなければ」という滝藤の最後の言葉は、まさに制作側の決意だ。

(上智大学教授・碓井広義=メディア文化論)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る