1st写真集で水着に挑戦 「国民的美少女」玉田詩織に直撃

公開日:

 国民的美少女コンテスト出身の玉田志織(16)が初の写真集「はじめまして 16歳」(ワニブックス)を発売、1日、都内の書店でイベントを開催した。今春、センバツ応援イメージキャラクターとして活躍した“正統派美少女”が水着にも挑戦。初めてづくしの彼女を直撃した。

 玉田といえば制服姿の印象が強い。

「甲子園のお仕事のおかげで増えましたね。イベントに来てくださった方も制服姿をホメてくださって。私、いろんな制服を着るのが夢だったので、お仕事でかなって毎日楽しいです」

 写真集ではビキニ姿も披露。制服姿とのギャップも新鮮だ。

「“素”でいたかったのでダイエットもせず撮影に臨みましたが、自分で“太いな”って(笑い)。両親も『太いねー。でも、志織らしくていいじゃない』って。実は“こんな私で大丈夫かな”と、撮影の前日まで泣いてまして(笑い)。昔から体形がコンプレックスでプールも行かなかったし、趣味のダンスもビッグTにハーフパンツ姿なのでビキニなんてまさか……って。でも、スタッフさんたちのおかげで“16歳の私”をギュッと詰め込んだすてきな作品になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る